2011年01月31日

花を咲かせよう♪

▼福岡工務店(田辺木材)の前の花壇を
薫さんが奇麗にしていました。
hanananouw (2).jpg
 
▼この花を見て少し観点が違いますが
 相田みつをの詩を思い出しました。

aidaadahana.jpg
▼花を手入れする心って大切だな〜って感じました。
hanananouw (1).jpg
▼そして、「写メ撮っていいですか?」
 とのオファーに、このポーズ!
 薫さん!流石です♪
hanananouw (3).jpg
 

posted by たけを at 23:00| Comment(0) | 日記

2011年01月30日

ますます長期優良住宅化

昨日と今日の
『得する住宅の建て方セミナー』
『博多区諸岡の完成見学会』
無事に終了しました

セミナーはムチャクチャ得する話を聞けました
金額でいうと700万円はお得な情報でした
逆に「知らない」って怖いな〜と思いました

それから完成見学会!
来場記念で用意していた
「たまご」が全てなくなってしまい、大盛況でした


これからの住宅は
ますます長期優良住宅になっていくことを確信した2日間でした
posted by たけを at 22:03| Comment(0) | 日記

2011年01月29日

建物完成見学会in博多区諸岡

今日と明日
福岡工務店の建物完成見学会を開催します。

ご興味のある方は是非いらしてください。
kengaku1111.jpg
posted by たけを at 01:00| Comment(0) | 日記

得する住宅の建て方セミナー

今日と明日

得する住宅の建て方セミナー

中央区薬院のパナソニックショールームで開催します。
ご興味ある方は是非いらしてください。

semina111.jpg
posted by たけを at 01:00| Comment(0) | 日記

2011年01月28日

経営指針書をつくる決意

先日の経営者セミナーで
「迷子の定義」という事を言っていた。

@今、どこにいるのかわからない。
A今、どこに行っていいのかわからない
B今の事をどう言っていいのかわからない

この3つが揃えば完全に迷子との事だった。
これをメガジャパン・福岡工務店に例えると
正直・・・・・
こんなブログを書いたらみんな不安になると思うが
「迷子ではない」とは言えない。

そこで、早速、胸を張って
「迷子ではない!」と言えるように

『経営指針書』を作成する事にした。

実はこの指針書、
3年前にも作成したが
会社を立ち上げたばかりで
具体的な数値もわからず、ただ絵を描いたような感じだった。
しかし、ここにきて、4年目
過去の3年間の数値を踏まえて
具体的方針を打ち立てる事にした。

『経営指針書』は次の3つから成り立っている。
A:経営理念
B:経営方針・戦略
C:経営計画

経営指針書は航海で言うと
羅針盤のようなものだ!
もっと、経営者としての仕事をするため
まずは、この基本からやる事にした。

posted by たけを at 22:19| Comment(0) | 日記

2011年01月25日

10円パーキング(新しいのぼり)

好調の10円パーキングののぼり
新しくしました。
20110116151739.jpg
結構、インパクトあるでしょ?

posted by たけを at 22:00| Comment(0) | 日記

2011年01月24日

新ビジネス!?

中国のレストランでこんなものを発見した。
DSC02138.jpg
全ての席に置かれていた。

中国ではよくあるらしいが
客が皿洗い代として1元(約14円)をお会計時に支払う。
 
話を聞くと
皿洗い屋が皿をまとめて洗うらしい
お皿もこの皿洗い屋のものらしい。
日本でいう「お絞り」の感覚である。
 
これは日本でいけるのでは?
 
多分、日本人の方が
衛生面に関してはうるさい。
しかも、
レストラン側からしたら
食器を洗うスペースも要らなくなり
初期投資も減る。
 
これはなんだか面白そうなビジネスになりそうだ。
このシステムを名づけて
「セントラル食洗システム」という事にした。

まだ全くマーケティングしていませんが
大募集します!
「セントラル食洗システム」
のビジネスを誰か
一緒に立ち上げませんか?
posted by たけを at 22:00| Comment(0) | 日記

2011年01月23日

背伸びって大切だ

「背伸びって大切だ。」とつくづく感じた。
今回、急遽、2回目の中国に行ったわけだが
まったく「ためらい」がなかった。
 
正直1回目は
不安があったが、2回目は全くなかった。
 
これは「慣れ」と言う部分が2回目にあったのだ。
当たり前かもしれないが
この慣れが大事だ。
 
慣れない事をやっているうちに
自然と慣れていき、そして、当たり前に変わっていく。
 
大事なのは、最初の「背伸び」なのだ。
背伸びをしているとキツイが
背伸びして見ている景色が当たり前だと感じていると
背伸びがキツくなくなる。
そうして、また背伸びをする。

この繰り返しでどんどん成長していく。

ようするに
最初の1歩、
最初の背伸びが
成長のキッカケなのだ。

自分自身、背伸びを超えて
ジャンプしちゃっている事もあるが
背伸びを忘れず、これからも精進して行こうと思う。
posted by たけを at 23:00| Comment(0) | 日記

中国の食べもの編B

中国の一般的中華料理屋にも行きました。
DSC02140.jpg

▼魚介類がたくさんいる。
 犬の肉もコッチは食べるらしい。
DSC02139.JPG
▼野菜炒め
 ムチャクチャうま〜い
DSC02136.jpg
▼これがコッチの餃子
 盛り方にこだわりが見れず、ここも豪快だった。
 ハネの部分も重ねて盛られている。
DSC02135.jpg
▼しかも皮から中身がはみ出している。
 しかし、味は
 「うま〜い」
DSC02134.jpg
▼そしてこれが・・・名前忘れた。
 コッチの人の主食の1つらしい。
 具無しお好み焼きみたいな感じだった。
DSC02137.jpg
日本の主食はゴハンとパンであるが
中国の主食は、ゴハンとパンと上の写真のと、麺類、餃子らしい。
なので、「ラーメン、餃子、白ゴハンつき」
は中国人からしたら、オカズ無しの全て主食を食べている事になる。
posted by たけを at 03:00| Comment(0) | 日記

中国の食べもの編A

焼肉も食べました。
▼牛タンです。
 盛り方が豪快です。
DSC02143.jpg

▼骨付き牛カルビー
 盛り方がまたまた豪快です。
DSC02142.jpg
▼マッシュルームです。
こっちの人は丸々焼いて食べるらしい
キノコが苦手な自分にとっては
これが一番豪快でした。
DSC02141.jpg
posted by たけを at 02:00| Comment(0) | 日記

中国の食べもの編@

近頃
妻が
「今日は何を食べたい?」と聞く。
そして自分は
「北京ダック」と言う。
すると
「さっさと中国に行ってくれば」
との返答が返ってくる。

こんな会話が繰り返されていた中、 
ようやく北京ダックを食べました。
DSC02128.jpg

▼奥にある、皮みたいのに
キュウリとネギとダックを入れて巻いて食べる。
DSC02127.JPG
▼写真を撮るのが遅くなってしまった
DSC02129.jpg
▼中国の人は手が器用だ
DSC02130.JPG
▼このレストランで食べました。
DSC02131.JPG
posted by たけを at 01:00| Comment(0) | 日記

2011年01月22日

中国渡航、今回の目的

なぜ、突然、中国に行ったのか?
それは、前回中国へ行ったときにもらった宿題を提出するためだった。
 
「中国国営企業の建設デベロッパーから
 日本の企業と合弁会社を設立したい」
とのオファーがあり
その日本側の企業を自分が見つけなければならなくなったのである。
 
このミッションは想像以上に大変だったが
想像以上に近くに回答があった。
 
当初、日本の大手の企業に何社かアプローチしたが
なかなか進展しなかった。
「中国は信用できない」
という言葉が相次ぎ、諦めかけていた。
そして駄目もとで話した最後の企業が話を聞いてくれる事になった。
しかもその企業は1兆円規模の会社である。
 
メガジャパン設立当初からお世話になった人づての紹介だったのだが
やはり、人脈って大事だな〜とつくづく感じた。
 
 
そして今回、急遽
日本側の企業が中国で会いたい
との事になり
慌てて中国に飛んだのである。

自分の宿題はこれで一段落したが
両社にしたらこれからがスタートである。
条件のすり合わせなどなど問題は山ほどある。
一歩一歩前へ進めていければと思う。
 
▼これは中国側のあるプロジェクトの為の会議室
DSC02149.JPG
▼通訳の人がいたが
 プロジェクトの規模が何万平米という都市計画の話なので
 全体像をつかむのがムチャクチャ大変だった。
 正直、理解できないところが多かった。
DSC02150.jpg
 
▼実は、自分は大学院のときに
 都市計画を専攻していた。
 「都市計画なんて机上の空想だけのものだ」と感じていたが
 実際に計画して実行されているのを間近に見れて興奮した。
tositenpo1.jpg
▼これが現実になっていくのである。
tositenpo2.jpg
 
▼あるプロジェクトの一部の模型
DSC02146.jpg
 
▼実際の現場
 冬は寒くて現場は長期休みらしい。
 しかし、施工精度は・・・
 田之上現場監督が見たらなんて言うか・・・
DSC02145.jpg
 
▼広大な敷地にバンバンとビルが建っていく。
 それはもの凄い勢いである。
DSC02144.jpg
posted by たけを at 21:24| Comment(0) | 日記

中国から帰ってきました

福岡から帰ってきました。
福岡は暖か〜い。

中国北京&天津は氷点下でムチャクチャ寒く
肌着、ヒートテック2枚重ね、Yシャツ、セーター、コートの
6枚を着ていましたが、それでも寒かったです。
 
しかし、中国の勢いは熱かった〜
流石、GDP世界第2位の国である。
この事は去年からニュースで見ていたが
実際に正式発表されたニュースを聞いたのは中国のホテルのテレビだった。
しかも、中国語だったので、あまり意味がわからなかったが
「負けられない」
という想いがこみあげた瞬間だった。

▼再び天津駅に来ました
DSC02133.JPG
posted by たけを at 21:00| Comment(0) | 日記

2011年01月18日

急遽、中国へ

20110118140857.jpg
突然ですが今から中国に行ってきます。

____________

16日に行く事が決り
17日に飛行機の予約をとった。

17日の間にもいきなりトラブルが発生し
北京行きのフライトが突然キャンセルになってしまった。
旅行会社の人に無理を言って
上海経由で北京に行く事になった。
(その節はありがとうございました)

上海では
「浦東空港」から国内線の「虹橋空港」に乗り換えなければならない。
日本でいうと成田空港から羽田空港に行くようなものらしい。
「何とかなるさ根性」で乗り切ろうと思う

でも、
『急遽、中国に行く』
と言って、快く送り出してくれて、会社を守ってくれる社員には感謝感謝である

では、行ってきます
posted by たけを at 14:20| Comment(0) | 日記

金魚様

syasinkin1.jpg
いっいました。氷の中の金魚!
syasinkin2.jpg
生きているようです。
凄い生命力!
 
この金魚は隣のガス屋さんで飼っている金魚ですが、
実はこの金魚、数奇な運命をたどっています。
 
メガジャパン設立して
初めて手がけた不動産売買で
売り物件の古家の中にいた金魚を
救出したときの金魚らしいです。
 
こう考えると
この数年間、じっと
見守ってくれてたんですね・・・
posted by たけを at 13:00| Comment(0) | 日記

2011年01月17日

寒い日々、金魚の運命は・・・

最近、寒い日々が続きます。
家のファンヒーターの温度計も冷蔵庫なみの温度です。
20110114013008.jpg

▼会社の前の水もカチカチに凍ってます。
20110116085518.jpg

▼そして、氷の下には
 なんと金魚が・・・
 まったく微動だにしない。
 金魚の運命はいかに・・・!?
20110116085910.jpg
posted by たけを at 21:28| Comment(0) | 日記

2011年01月15日

ニューメンバー

posted by たけを at 01:00| Comment(0) | 日記

2011年01月14日

コーポラス城南の前

当社の管理物件のコーポラス城南!
kokoni1.jpg
建物の前で何年も工事していたのですが
ようやく終わったようです。
kokoni2.jpg
 
工事しているときの建物(赤い部分)がなくなると
スッキリしたのですが
物件の前を通り過ぎてしまいました。
 
お陰で、看板の効果が薄れてしまいました。
 
障害物も違う角度から見ると障害ではなかったのだと気付きました。
posted by たけを at 20:17| Comment(0) | 日記

失敗したもの勝ち

最近、毎朝
NHK連続テレビ小説 「てっぱん」
を見ている
tepppannsahk.jpg

お涙頂戴系ではまっている。
そして今朝はアカリちゃんがこんな事を言っていた。
 
「失敗したもの勝ち」
 
なんとも勇気の湧く言葉だ!
本当にそうだと思う。
失敗の分だけ成長できる。
 
俺も失敗を恐れずに失敗して行こうと思う。

posted by たけを at 01:07| Comment(0) | 日記

2011年01月12日

娘への初めてのプレゼント

先日、娘に初めてプレゼントを贈った。
jinnruisasasa.jpg
 【人類大図鑑】

自分のインターネットの先生である滝井秀典氏からのオススメ本なのだが
「人間とは何か」という問いに答えてくれているような本で
人体、世界各地の人種、社会、宗教、歴史、ライフスタイルなど
など人類に関する知識の集大成の本なのである。
 

こんなに難しい本をなぜ
生後2ヶ月の娘にプレゼントしたかというと
こんな理由からだ!

「好きこそ物の上手なれ」
という、ことわざがあるように
人間は好きなものにはとてつもないパワーを発揮する。
自分も仕事が好きだから起業したわけであるが
「好き」という感覚は理由なしに凄い!
 
その感覚をうまく使えないかと考え
この大図鑑をプレゼントしたわけである。
娘がこの大図鑑を好きになったら
凄く「考える力」が身につくのではないかと考察した。

落書帳になるかもしれないし
昼寝の枕になるかもしれないし
押花を挟む道具になるかもしれないが
何でも良い!
とにかく側に置いて観察して行こうと思う。
 
ちなみに先日1ページ読んであげたら
速攻泣いてしまった。
今度は読まずに紙芝居形式で行こうと思う。

posted by たけを at 20:49| Comment(0) | 日記