2009年06月28日

ハンドル人生

昨日、タクシー運転手と話をした。
タクシーに乗ると、なるべく運転手と話をするようにしている。
なるべく多くの情報を入手する為である。
 
昨日の運転手はカッコよかった。
あまり、大きな声でベラベラと話をする人ではなかった。
そしてボソリと一言
「自分の人生はハンドル一筋ですから」
 
よくよく聞いてみると
今年、定年で個人タクシーをやっていて
学校を卒業してから
トラックの運転手をして
法人タクシーをして
ずうっと運転する仕事をしてきて
人生の大半を運転してきたと言う。
 
考えてみると
この運転手の人生の走行距離は
いったい何キロなんだろ?
地球何周分になるんだろ?
この人は、何を見てきたんだろ?
いろいろ想像がかきたてられる。
 
今度
この個人タクシーに乗ったら
「運転道」について語ってもらいたいと思った。
posted by たけを at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月21日

水墨画

筆置き↓

(先生に赤ペンしてもらった後)

kasisyodoo.jpg

 
水墨画は白と黒で
表現しなければならない。
 
カラーを白黒で表現することの
難しさが痛感した。
 
グレーの色も沢山あり
自分の思っている濃さがなかなかでない
 
今後も精進していきます。
posted by たけを at 20:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月13日

実は昨日から
水墨画を習い始めました。
一番最初の作品がコレ↓
take12.jpg
 
 
でも書道を通じて少し思ったことは
「日本って凄い!」と言うことです。
  
日本にはいろいろな『道』があります。
茶道、華道、剣道、柔道・・・
特に文化系の道に関しては
普段の日常的な行動や仕草を
極めるために『道』にしてしまう。
流石、日本人です。
  
こう考えると、自分自身の道を作るのも
一つの生き方なのかもしれません。
 
『不動産道』『インターネット道』
 
しまいには我流を通り越して
『阿久津道』
 
品質や品格の向上、人間的向上の為に、
『道』という文化を創ってきた先人の日本人の方に
脱帽です。
  
  
ちなみに書道としての水墨画は
毎週金曜日なので
作品ができたら紹介します。
posted by たけを at 13:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月11日

先日、東京から友達が我が家に遊びに来てくれた。
お陰で、心のエネルギーが充電され
久しぶりに弾けた1日を過ごす事ができた。
 
この前、マイカズンから
「タケにとっての親友って何?」
と唐突に聞かれたが、答えられなかった。
 
しかし、こうやって遊んでみると
その答えがそこにはあった。
 
親友って心友でもあるんだなぁわーい(嬉しい顔)
posted by たけを at 18:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月08日

歯医者オープン

メガジャパンで去年
不動産を仲介した歯医者さんが
本日、オープンしました。

マツオデンタルクルニック
 
建物はシンプルモダンでカッコよく

内装はアジアンテイストで癒しの空間でした。
 

今までの歯医者さんのイメージはなく
半個室の空間で治療でき

オススメです。
 
自分も何度が治療してもらって
説明がとても親切で、全く痛くありません。
是非、行ってみて下さい。

 

博多区竹下駅前 
20090608100028.jpg
  
ちなみにこの歯医者の横で
10円パーキングをしています。わーい(嬉しい顔)

posted by たけを at 20:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月03日

幸せ×運

昔、誰かからか
 
「人が感じる幸せ量はみんな同じである」
  
と聞いたことがある。
 
アラブの大富豪でも
路上生活者でも
みんな「幸せ」と感じる量は同じらしい。
 
なんとなくこの意味が分かる気がする。
 
1杯の水が入ったコップを
一般的な日本人に渡すのと
水が無くて困っているアフリカの人に
渡すのでは
もらう方の感じ方は違ってくる。
 
しかし、自分の人生を置き換えて考えると
この理論が変わって来る。 
この前の結婚式のときも
みんなから祝福され

「一生で幸せの量が決っているのなら
もうこれから幸せと思えなくなる」

と思えるくらい幸せな気持ちになった。
しかしその後も
契約が取れたり、社員が成長した瞬間に遭遇したり
超ー美味いステーキを食べたり
幸せと思える時が多々あった。
 
単に楽観主義者なのかもしれないが
幸せと思える為には、
自分自身で幸せの場所に行かなければならないという事である。
 
宝くじを買って、当選して、幸せになるのも
自分で宝くじを買ったから幸せになったのである。
 
サーフィンしていい波に乗って最高の気持ちになったのも
自分でボードを買って、海に行ったからである。
siaun.jpg
幸せは運に左右されるが
運があるから幸せの量も変わってくる。
 
今日のブログは辛気臭い話になってしまったが、
とにかく自分で幸せだと思える場所に行かなければ
何も始まらない。
 
posted by たけを at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記